「何をやりたいか」よりも「できることをやる」のも一つの手法

誰もが独立や起業をする前は「やりたいことを職業にしたい」や「やりたいことをやって生きていきたい」と思うもの。私もそう言葉にしていたかもしれません。

でも、事業を始めて10年、今だから言えること。純利益も一度も落ちたことなく、ずっと続けてられるのは「できること・得意なこと」を仕事にしているからだと思います。

「そんなの夢がなくて面白いの?」と言う人がいるかもしれませんが、 もちろん得意なことを仕事にしているので、スキルUPが目に見えたりすると面白いこともあり、「イヤイヤ」感はありません。
また、 私の場合、たくさんのお金を稼ぐことや、地位・キャリアを築くことは目標ではなく、いろんな国に住んだり、旅したりするために働いていると言っても過言ではないので、どこかの国へ行くたびに「目標」を達成している感じです。短期決戦ですね。

ですが、なぜか不思議と、お金や地位・キャリアに固執していないと、顧客がどんどんついてくるというか何というか、、、
またこれについても追々、書いていこうと思います。